レコーディングエンジニア 杉本健
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 最新版wineでmikuinstallerを使う。図解入りでやさしいよ! | main | Mbox2の解体 開けてみよう、視てみよう! プリアンプの回路構成も見られます! >>
Macでコンバートを待たずにWMVを素早く再生する方法。
WMVをMacで再生するには、Flip 4 Macというプラグインを使います。
しかし、現状での最新バージョンver 2.3.4.1の初期設定では、コンバートが全部終わるまでウィンドウが開かず再生が始まりません。


初期設定の変更で、コンバートを待たずに『WMVをリアルタイムにすぐに再生できる設定方法』を紹介します。

↓ここからダウンロードしてインストール。


↑ここからダウンロードしてインストール。

ではやってみましょう。

インストールが終わったら設定なんですが、
環境設定を開きます。



環境設定の一番下『その他』の場所に『Flip 4 Mac WMV』がインストールされていますね?
これをクリックします。

そして、Player のタブをクリックします。



そのウィンドウのまん中頃に、Advanced...というボタンがあります。
わかりますか?

それをクリックすると、こんなウィンドウが開きます。

追加

ここに、ムービー再生アプリのQuickTime Player や、 RealPlayer などを追加していきます。

左下に『+』ボタンが有りますよね?

これを押すと『アプリケーション』フォルダが開きます。



ここで、RealPlayerや、QuickTimePlayerなどムービープレイヤーを選択して開くボタンを押します。

一回にひとつのアプリしか選べないので、ほかの再生アプリも使いしたければ、繰り返します。




これで、.WMVファイルを開いてみましょう。

コンバートを待たずに、(コンバート終わった部分から)すぐに再生が始まりましたか?

よかった。

os 10.4.11 QT 7.5.5環境では、うまく行っています。

できなかったらごめんなさい〜。







 
スポンサーサイト
COMMENT